森ともお通信

森ともお通信 2016年 冬号

そだてたい まもりたい あったか熱田

いつも、森ともおに対して、ご支援・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。心から感謝申し上げます。
さて、いよいよ来年、歴史・伝統・文化のまち「熱田区」は、熱田区制80周年を迎えます。
今後も、より住みやすく、より活気あふれる熱田区をめざし、微力ですが、一生懸命に活動を積み重ねて参ります。
今後とも、「熱田のもり 森ともお」に対し、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

熱田区をより安心・安全な街に!

~地域の皆様からのお声をもとに~
神宮前歩道橋の整備

児童・生徒や熱田神宮参拝者など、多くの方が通行する「神宮前歩道橋」。以前から「手すりが低く、危険!」と心配の声が上がっていました。夏休み期間に、手すりを高くするとともに、塗装をするなど、安全にきれいに整備していただきました。また、劣化の激しい白鳥小学校東側の「白鳥歩道橋」の整備についても、今後も、粘り強く、関係機関に働きかけていきます。

旗屋橋東側歩道 点字ブロック整備

視視覚障害者の方にとって、命を守る道と言っても過言ではない「点字ブロック」。西高蔵から日比野をつなぐ旗屋橋歩道上の劣化破損した点字ブロックを応急整備していただきました。

市議会だより

9月定例会(本会議)にて議案外質問~

①熱田区におけるスポーツ施設の整備とその手法について

森ともお

名古屋市体育館の空調設備・シャワー室やトイレ、更衣室の改修については道筋がついているが、16区中、熱田区のみ軽運動室・トレーニング室・屋内温水プール等が未整備である。一年中、気軽に、思い切り体を動かすことができるスポーツ施設の整備が、私の強い願いである。関係局と連携し、民間活力の推進を図りつつ、区民の健康増進に資するスポーツ施設の整備を早急に進めるべきと考えるがいかがが。

市教育長

スポーツ施設の整備については、関係局と調整しつつ、民間活力活用、民間連携などの可能性を含め、研究をしていく。

②地下鉄駅における転落防止対策について

森ともお

「視覚障害者にとって、一人での外出は命がけ」である。転落防止対策について、実現可能な方策について早期に検討・実施すべきである。また、職員呼び出し用のインターフォンの設置位置の統一に早急に取り組むべきと考えるが交通局長の考えは。

交通局長

転落防止対策については、実現可能な方策を整理・検討していく。また、インターフォンの位置については、調査の上、できるだけ早期に同じ場所に統一できるよう検討するとともに、実施の際には、交通局ウェブサイトのほか、広報なごや点字版などの活用も検討し、ご案内を実施していく。

※市議会だよりは、9月発行の秋号と同内容となっています。

子ども会フェスティバル

10月23日(日)森ともおは、「熱田区子ども会フェスティバル」におじゃまさせていただきました。子どもちのために力を尽くさ れる地域の皆さんの姿、子どもたちかわい笑顔にふれることができました。

税金(確定申告)・市政・法律・教育相談
※ 地域のお困りごとなど、お気軽にご相談を。
※ 税理士・弁護士相談も承ります〔相談無料〕
森ともお事務所 熱田区金山町1-17-5
電話 052-682-2205

MoriTomoo